プモアを使った正しいスキンケア方法とは?

プモアを使った正しいお肌のお手入れ方法をご存知でしょうか?
まさか30代にもなってスキンケア方法を知らない・間違えているという人はいないかと思いますが、実際自己流で行っている人も多いのでプモアを効果的に使うためにしっかり覚えておきたいものです。

大きさの目安は500円玉くらい

まず洗顔をしましょう。
洗顔をしっかりしてからプモアを500円玉程度の量取り出します。
とろみが凄くありますから、お肌に500円玉量を出すのもじっくり時間がかかります。それくらいとろみがあるので、お肌もしっかりと馴染んでくれそうですよね。

今度はそれを、顔全体にいったんまんべんなく広げます。
広げたら、くるくると円を描くようにマッサージをするようにミルキーローションを肌に馴染ませていきます。

年齢の出やすい首や肩、デコルテなどもしっかりケアできる分量なので、リンパの流れに沿って軽くマッサージするようにさすりながら流していくといいですね。

最後に、ハンドプレスでプモアを肌に押し込みます。押し込むといっても、すでにその時点で顔にあるローションは肌に浸透していっているので、残ったローションをぎゅっと押し込むようなイメージです。こうして、手のひらの温かみでさらに内側からじんわりとローションが効果的に効くようにしていきます。

密着浸透型ミルキーローション

初めてミルキーローションを使ってまずまず驚くのは、ボトルを逆さに向けてもゆっくりとしか出てこないほどの、「とろみ」の凄さです。これだけとろみがあると、なかなか肌に浸透していかないんじゃないの?とかベタついちゃうんじゃ?と思うほどですが、実際には全然そんなことはありません。

先ほどの手順で順番通りにスキンケアしていくと、あっという間にローションは浸透し、もっちり感だけが残ります。これこそ、まさに密着浸透型ローションと言ってもよいでしょう。
最後のハンドプレスは自分のお好みで行えばいいと思います。

頬、顎、額や全顔など、方法は好みで、自分が気持ちいいと感じる程度に行うのが良いです。
またデコルテや首などもハンドプレスしておくと、さらに内側からしっかり潤いを届けてくれますからハンドプレスは行ったほうが良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加